(2017)平成29年6月23日㈯に安土城考古博物館・信長の館・観音寺城・八幡城・たね屋・久ぼた に行って来ました。

 
 うぇーい!!
 
 皆さんおはようございます!!6月24日㈯にmixiの戦国好きのコミュニティで知り合った方達と、安土城考古博物館・信長の館・観音寺城・八幡城・たね屋・久ぼた に行って来ました。

 mixi・LINEネーム 剣心さんと治部少輔さん。


 当日、日付が変わってすぐの0時半頃、伊賀を出発! 2~3時間かかるかと思ってたのですが、1時間ちょっとで着いた為に真っ暗。

 しゃーない、近所の牛丼屋さんでも行くか!って吉野家着いたらなんと4時から開店でやってない。 都会かよw

 閉まってる吉野家初めて見た!


DSC_0768[1]_convert_20170626024726
DSC_0767[1]_convert_20170626024636
DSC_0766[1]_convert_20170626024531
 




  結局、近くのすき家はやってたのでそっちで食べました。
 
 お腹いっぱいになって、到着したお寺の駐車場で下りたら、後ろが墓だった。

 俺の枕元にこんな世界が・・・。

DSC_0770[1]_convert_20170626024802
DSC_0771[1]_convert_20170626024840
DSC_0774[1]_convert_20170626024910
DSC_0776[1]_convert_20170626024946
DSC_0778[1]_convert_20170626025023
DSC_0779[1]_convert_20170626025111
DSC_0780[1]_convert_20170626030028
 



 
 ほほう、ここは近江の佐々木六角氏の菩提寺。 燃えたのを織田信長の命で再建されたのか。

 お賽銭箱の織田木瓜がかっこいいですね!

DSC_0781[1]_convert_20170626030117
DSC_0784[1]_convert_20170626030249
DSC_0792[1]_convert_20170626030210
 


 
 本堂と鐘楼の間を抜けていったら、寺内に水路があり、そこにドジョウっぽい土煙が上がってた。

 ふふ。 朝の4時過ぎに35歳のおっさんが、わざわざ他県まで来てドジョウごときではしゃぐとでも?とか考えながら、車から手袋と懐中電灯持ってきて、正体を暴いてやるぜこの水生生物め!と観察しましたところ・・・。


 んんん??  エビじゃねぇな・・・ザリガニ?
 これはちょっと赤いけど、他のはエビっぽい。色がそんな感じ。 

 次回、来ることがあれば要観察。 一瞬 六角も織田も吹っ飛んでた。

DSC_0786[1]_convert_20170626031453
DSC_0796[1]_convert_20170626030329
 



 
 まさかこんな、六角かぁ・・・あんま六角義賢とか興味無いなぁ・・・定頼は興味あるけど。
 でも佐々木一族の菩提寺って書いてあるし、お墓見るかーって墓地入ってすぐ右手に和田惟政殿のお墓が。

 目ぇ覚めました。   

 あんた、こんな墓地入ってすぐの所に、小さな看板だけで他と区別してるような墓に納められてる武将じゃないだろうに。

DSC_0797[1]_convert_20170626030438



 
 こちらは車で浄厳院から5分ほど移動した、佐々木神社。 

 

DSC_0803[1]_convert_20170626030600
DSC_0804[1]_convert_20170626030657
DSC_0813[1]_convert_20170626030754


 
 それから待ち合わせ時間になり、合流した後に安土城考古博物館へ。

DSC_0815[1]_convert_20170626030843
DSC_0819[1]_convert_20170626031024
DSC_0844[1]_convert_20170626031118


 
 ゆるい信長キャラ。

DSC_0859[1]_convert_20170626031151
DSC_0862[1]_convert_20170626031246
DSC_0865[1]_convert_20170626031404
DSC_0866[1]_convert_20170626031535
DSC_0867[1]_convert_20170626031605
DSC_0868[1]_convert_20170626031649
DSC_0869[1]_convert_20170626031722DSC_0870[1]_convert_20170626031753
DSC_0872[1]_convert_20170626032029
DSC_0875[1]_convert_20170626032238
DSC_0877[1]_convert_20170626032154
DSC_0896[1]_convert_20170626031928
DSC_0897[1]_convert_20170626032500
DSC_0933[1]_convert_20170626033214
DSC_0900[1]_convert_20170626032713
DSC_0903[1]_convert_20170626032846
DSC_0907[1]_convert_20170626033006
DSC_0913[1]_convert_20170626032802
DSC_0915[1]_convert_20170626033127
DSC_0931[1]_convert_20170626033558



次は信長の館へ。

DSC_0957[1]_convert_20170626033402
DSC_0978[1]_convert_20170626033743
DSC_0979[1]_convert_20170626033805
DSC_0980[1]_convert_20170626033830
 


 
 実写風のぶなが様。

DSC_0985[1]_convert_20170626033854
 

 
 VR 絢爛 安土城 というシアターを観ました。15分ほどです。
 フロイスと岡部棟梁のやりとりで安土城を案内していただけます。

 フロイス殿のイントネーションがネタでした。

DSC_0986[1]_convert_20170626033934
DSC_0987[1]_convert_20170626034124
DSC_0988[1]_convert_20170626033659
DSC_0994[1]_convert_20170626034224
 


 
 お次は観音寺城跡を見に。 

 ただ、登り口には観音正寺 としか書いてなかった。

DSC_0995[1]_convert_20170626034305
DSC_0997[1]_convert_20170626034640
DSC_1015[1]_convert_20170626034534
DSC_1016[1]_convert_20170626034600
DSC_1017[1]_convert_20170626034722


 
 三重県の西部に住んでるせいか、こーんな感じの平地見ると、石高たけぇ!!米どんだけ穫れるんだよw ってびっくりします。

 ちなみに 石高 たけぇ!は岐阜城から長良川周辺の平地見た時にも言いました。

  人生二度目の石高たけぇ。

DSC_1013[1]_convert_20170626034446
DSC_1020[1]_convert_20170626034805
DSC_1036[1]_convert_20170626035029
 


 
 洗面器ぐらいあるカエル発見。

 何故こんな山頂の寺に。 非常時の食用? ウシガエルだよねこれ!

DSC_1031[1]_convert_20170626034852
DSC_1043[1]_convert_20170626035102
DSC_1045[1]_convert_20170626034939
DSC_1072[1]_convert_20170626035557
 

 
 次は八幡城へ。

 滋賀県の人に一つ言わせてもらうと、ロープウェイの高さは、人が落ちても痛くないくらいをスーっと登っていくと、高い所が苦手な人でも利用しやすく、写真撮りたい人にも喜ばれると思うんだ。

 一枚も撮れなかった、ちっくしょうめ。別に怖くないけど。

DSC_1058[1]_convert_20170626035249
DSC_1059[1]_convert_20170626035414
DSC_1060[1]_convert_20170626035157
DSC_1064[1]_convert_20170626035457
 

 
 
 やっぱ感じる 石高たけぇ。

DSC_1084[1]_convert_20170626035649
 


  
 はははw LOVEって書いてある。

 下からライト当たるようにスポットライトも設置されてる。カメラ台まである。

 なるほど、地元はカップルの観光スポット化をしたいわけですな! 良い試みだけど・・・

 ・・・城主と縁のあった女性は片っ端から(縁組予定で、まだ実質側室になってない駒姫まで含めて)処刑されてる人の城でやるのはどうかと思うんだけど(´Д`;)

DSC_1076[1]_convert_20170626035749
  
 何かご利益あるかもしれない、とある配信者と愉快な仲間達に彼氏・彼女が出来るよう祈った。

DSC_1087[1]_convert_20170626035811
DSC_1088[1]_convert_20170626035839
DSC_1092[1]_convert_20170626035922
DSC_1101[1]_convert_20170626040027
DSC_1103[1]_convert_20170626040114
 

 ・・・祈った。
DSC_1111[1]_convert_20170626040201
  
  
 お稲荷さまが人に化けたらこんなん?

DSC_1115[1]_convert_20170626040240
 
 祈った・・・ って、場内にカップルスポット何箇所あんだよ!!w  男三人で来てるんですけど!w 既婚者と既婚者の間で独身の私なんですけど!w

DSC_1116[1]_convert_20170626040319



 ところで君は焼き鯖かい?
DSC_1150[1]_convert_20170626040630
DSC_1151[1]_convert_20170626040700
 


  
 夕ご飯食べに行くお店の看板発見。

DSC_1155[1]_convert_20170626040737
DSC_1156[1]_convert_20170626040808
 


 
 映画 るろうに剣心の撮影がされた八幡堀。

DSC_1168[1]_convert_20170626041054
DSC_1169[1]_convert_20170626041125
DSC_1170[1]_convert_20170626040846
 

 お、これがリップクリームで有名な近江兄弟社かな!

DSC_1204[1]_convert_20170626041248


 信長の祖先。
DSC_1205[1]_convert_20170626041230
 


 
 何これ?釣り人がほったらかしたのか?

DSC_1206[1]_convert_20170626041316
 


 
 たね屋&CLUB HARIE。

 どっちもカップルだらけだった。たね屋は入ったけど、くらぶハリエはこれ、かなりのリア充しか入店をさせてもらえない的な?

 そしてリア充が中で社交界を開いてる、的な?

 そんな雰囲気でした。見えないけど入店を控えなければと思わせる何かがあった。

DSC_1207[1]_convert_20170626041338
 DSC_1149[1]_convert_20170626040552
DSC_1208[1]_convert_20170626041403
 


 
 予約して頂いてた久ぼ多屋さんで、三人で乾杯。

 とても良いお味でした、店主さんも丁寧に挨拶してくれまして、デザートもサービスで付けてくれた。
 
 ここで初めて、お昼に食べた謎の赤こんにゃくの正体が丁寧に書いてくれてあるのを読めました。


 19時半閉店だと言うのに気づかず、伝えに来て頂くまで長居してしまいご迷惑をお掛けしました。

 お土産にここで売ってた赤こんにゃく買いました。

 ちなみに他のお土産は信長の館で買った信長もなかと、安土城考古博物館で買ったファイル。

DSC_1212[1]_convert_20170626041446
DSC_1215[1]_convert_20170626041506


 
 この後、日曜はどうしようかと迷いに迷い、お二人の予約したビジネスホテルに空きがあれば泊まって明日も参加しよう!と、ホテルまで着いていったところで満室でお断りが。

 お二人に謝ってそこで解散、三重へ帰って来ました。

 とても楽しかった!

 次は、7月1日に映画 関ケ原が開封されますし、岐阜に!と言う話でした。

 岐阜は以前に岐阜城、近くの愛知の名古屋城、犬山城に行ってましたねー! 

 ブログにアップしたような気がするんだけど、まだ日付以外にタイトル書いてない時期だったのか、パッと見つからないな。

 どこかにはあるんだろうけど。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック